あらゆる世代でできる合気道 【人間学合気道】藤平光一の合気道・中村天風の心身統一道・安岡正篤の人間学

合気道 実心館合気道会 本部道場(神奈川・横浜) AIKIDO YOKOHAMA Jisshinkan

子供の合気道

子供の合気道

子供たちに何を教えているか?

以下の教えは、子供たちに覚えさせ
実際に日常生活に活かすよう指導しているものです。

稽古で使う教科書

稽古ではまず教科書の素読からはじめます

姿勢を正して

五訓(ごくん)【当たり前のことを当たり前に】


一、誰にも 元気に 挨拶しよう。

二、誰にも きちんと 返事をしよう。

三、誰の話も 良く聴こう。

四、誰ともみんな 仲良くしよう。

五、誰にも 感謝の気を持とう。


姿勢を正して ごくん!

正しい姿勢で!大きな声で!

十誓(じっせい)【大切にするべきもの】

一、私は 天地自然を 大切にします。

二、私は 私の先祖を 大切にします。

三、私は 何よりも家族を 大切にします。

四、私は 父母の敬愛を 大切にします。

五、私は 朋友を 大切にします。

六、私は 実践躬行を 大切にします。

七、私は 健康を 大切にします。

八、私は 日本の国を 大切にします。

九、私は 日本人の誇りを 大切にします。

十、私は 日本の国の歴史や 伝統文化を 大切にします。


じっせい!

この「五訓」「十誓」
子供クラスの指導でいちばん大切にしていることで
稽古のなかで必ず全員で唱和しています。

何度も大きな声で読んでいるうちに、
3歳の幼児でもこれを覚えてしまいますから、

子供たちの能力というものは、すばらしいものです。

まだまだ

しかし、覚えるだけでは不充分!



子供たちの稽古の目標は
この「五訓と十誓の実践」です。

つまりできるようにすることです。



「こんにちは!」「さようなら!」と、元気に挨拶ができること。

「はい!」という、気持ちの良い返事ができること。

ものを学ぶ正しい姿勢づくり。



まずは、ここからが稽古のスタートです!

五訓と十誓を覚える

a:7950 t:8 y:5

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional