あらゆる世代でできる合気道 【人間学合気道】藤平光一の合気道・中村天風の心身統一道・安岡正篤の人間学

合気道 実心館合気道会 本部道場(神奈川・横浜) AIKIDO YOKOHAMA Jisshinkan

護身術としての合気道

護身術としての合気道



  「合気道」・・・と聞くと

「護身術」をイメージする人も多いでしょう

護身術

確かに合気道の技には
護身術として応用できる技
数多くあります。

犯罪に巻き込まれないように昨今では思いもよらない事件に

巻き込まれる危険性が
私たちの身のまわりにはあふれています。

その意味では
武道の心得
「ある」と「ない」とでは
心の余裕も、だいぶ違います。

イザというときに
自分の身は自分で守れるようにすることは


武道やってます!

大切な心得です。




しかしその上で  注意
認識しておいていただきたいことがあります。




それは・・・イザというとき
空手をやっている人は 空手! 
空手の技を使おうとします。

柔道をやっている人は柔道を。

柔道!

合気道をやっている人は合気道で
相手を制することを考えるのです。


じつはこれが大きな間違いです!



どのような武道や格闘技でも
決められた場所で、決められた想定のもとに
技の鍛錬を行うものです。

普段の稽古で命のやりとりを
稽古するわけではありません。


実戦の場とは違うのです!



本当の「護身術」とは

危険な場所へは近付かないことです。

ん?危険!

また、何となく危険な空気や状況を
すばやく察知する力を身につけることです。

あるいは、大きな声を出すことや
頭を働かせて対応ができることの方が
どんな技よりも有効です。

なんでもやる!
持っていたカバンで身を防いだり
傘を持っていればそれで応戦するなど、

落ち着きと臨機応変さが必要なのです。

武道は自信につながる!

・・・それを承知していただいたうえで
さまざまな想定の護身術も
稽古をしていきます。

護身術




a:12720 t:12 y:14

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional